2015年04月26日

ファミリービジネスの学習開始

先日、FBAA(ファミリービジネスアドバイザー)資格認定プログラムに参加してきた。

IMG_1023.JPG

私たちのお客様は、ほとんどが同族会社(ファミリービジネス)です。
今、承継期のお客様も多く、承継の一助となればと参加を決意したのでした。

(1)志について
同族企業の後継者について、マスコミは批判的であり、世間もネガティブな反応をする。FBAAは、正しい日本的ファミリービジネスの見識を広めることにより、こういうネガティブな意識を変革していくことにこそ意義があると思う。弱みと思っていた地方、同族企業こそが、強みである。私自身も2代目であり、全ての後継者に誇りを持ってほしい。受講して、私の使命、志を確認しました。

(2)日本の同族経営研究が遅れた訳
欧米と日本文化を比較すると、日本は、恥の文化であり、隠匿の美、謙虚さを大切にする。言いふらすこととくに自慢を極端に嫌がる。人に迷惑をかけないという美徳。秘伝のたれのように公開をしなかった。
FBAAの活動を通じて、承継の智恵、いわば知的資産を形にしていきたい。

(3)正解のない世界
ファミリービジネスは、なかなか理論化できない分野であり、人が介在しなければ解決できない。ITやAI(人口知能)では対応できない。正解のない世界である。家族は、心のケアが大事である。配偶者、子供の心はコントロールできない。事業については、財産権のみ民法、税法、会社法のルールがある。つまり、コントロールできる。関係書籍の多さからいっても自明である。
正解のないファミリービジネスの理論化を挑戦しよう。

(4)オーナーの責任
オーナー家には、社会に対する責任がある。地域社会を大事にする。長期的、雇用を守る。社員に機会も与える。社員は、理念や価値観に守られている。
ファミリーの責任という覚悟につき学習できたことは、今後の糧になる。


FullSizeRender.jpg
(家族がコアとなる。だから家族を大事にしようと誓ったのでした。)
posted by 金沢会計人 at 11:27| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

地方創生の鍵

はじめに
第28回全国経済同友会セミナーに参加する。
テーマは、「戦後70年。地域活性化で日本の再生を。」
全国44経済同友会の有志が、地方創生の方策を模索した。

FullSizeRender.jpg
(4月17日金曜日北國新聞朝刊抜粋)

IMG_1135.JPG
(4月16日の会場にて)

人材倒産時代の到来
 アベノミクス効果で人手不足の時代に入りました。大手牛丼チェーン店がアルバイト不足を理由に、店舗を閉鎖するなど人材不足による経営悪化のニュースをよく聞くようになりました。医療・福祉分野、建設、そして会計事務所も例外ではありません。冨山和彦氏は、講演中、今後20〜30年この状態が継続すると喝破しました。

IMG_1136.JPG
(キレっキレっの冨山氏。著書「ビックチャンス」を拝読し、この人凄いと改めて思う。。。)

地方の時代待望論
 以前は、就職難でした。地方の若者は、首都圏に職を求めていった。間違いなく首都圏主導型の経済でした。ところが、アベノミクスで採用難となり、地方の時代となった。こうパネラーの一人であるアイリスオオヤマの創業者は語り、その瞬間、会場は異様な熱気に包まれる。

IMG_1137.JPG
(アツい大山氏)

 そうだ、地方の時代だ。暮らしや子育て、ワークライフバランスを実現できる豊かな生活は地方、田舎でこそできる。こうした主張を若い人に伝えるべきだ。
 例えば、東京に住む年収500万円の暮らしと同じ年収の地方での暮らしは、通勤や家賃、食費、子育てなどを考えると、地方の方が都会に比して感覚的に倍以上お得であると言える。都会の憧憬を持つ若者に訴えたい。豊かな暮らしは地方、里山、田舎にこそあると。

IMG_1139.JPG
(冨山氏のパワポ)
 
 地域活性化は、地方で生を受けたわれわれが生まれ故郷に尽くしていくという意識変革にあるなと感じ、会場を後にしたのでした。
posted by 金沢会計人 at 07:44| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

心の機微を大切に

平成27年度TKC北陸会、企業防衛制度特別研修会に参加する。
TKC北陸会の企業防衛制度推進委員長として4回目の特別研修会。
総勢241名がホテルフジタへ集結する。

FullSizeRender.jpg

TKC全国会、副会長の永田先生から、会計事務所経営について、ご教示頂く。
事務所にとって大切なスタッフを辞めさせない工夫しているか自問自答せよと教えて頂く。
スタッフの心の機微を捉えることが肝要であると示唆頂く。

FullSizeRender (1).jpg

1日のサイクルの中で、社員はどのように人生や仕事を考えるか。
1.朝の出勤時
社風や会社の風土。良ければ良いほど会社に行きたくなるはずだ。この根っこを良くするには、掃除や挨拶など継続するほか道はない。
2.昼の仕事時間
仕事のやりがい。誇りを持った仕事をしているか。充実しているならば、仕事を続けたいはずだ。モチベーションが上がるよう常に配慮しよう。
3.夜の就寝前
事務所の将来性。就寝前のベッドにて、自身の将来を会社に重ね合わせるはずだ。会社の将来について希望が持てるような会社にしていこう。

孔子の言葉に「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」という言葉があります。1日の中で人生をどう生きるか問うたものです。朝昼夜の心の機微。常に意識して事務所経営をしていこうと心に誓い、福井を後にしたのでした。。。

posted by 金沢会計人 at 13:52| 石川 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

習慣の偉大さ

ランクアップノートで、身につけたい習慣を書き出しております。
今月も、「事業承継、税制改正につき、学習したか?」を設定しました。

FullSizeRender.jpg

毎日、できれば〇、できなければ×をつけていきます。
セミナー講師などの前は当然〇がつきますが、仕事の忙しいときは、いまだに×がつきます。
お風呂に入る感じで、毎日学習の習慣を身につけたいと思います。

以下の「私はだれ?」は、作者不詳のようです。
作者は、神様かもしれません。。。

私はいつもあなたのそばにいる
いちばん頼りになる助け手でもあれば、大変な厄介者でもある
後押しもすれば、足を引っ張って、しくじらせもする
私はあなたの命令次第、半分だけやってまかせてくれれば、
わたしは残りを手早く正確に片付けてしまう
私の扱いは簡単、念押しは不要
何をしたいか見せてくれれば、少しの練習であとは自動的だ
私はすべての偉大な人物の僕
そして何たることか、すべてのしくじりの主人
偉大な人が偉大になったのは私のため
しくじった人がしくじったのも私のため
私は機械ではないが、機械のような正確さと
人の知性によって動く
私を動かして利益を得ることもできれば、
破滅を招く事もできる 私にはそれは関係ない
私を利用し、しっかり働かせなさい
そうすればこの世を足元に従えることさえできる
しかし、甘やかせばあなたを滅ぼす
私はだれか 私は習慣
posted by 金沢会計人 at 07:05| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。