2015年01月18日

新春のご挨拶(2)

時間を味方につける方法〜外科手術VS漢方療法
高齢の社長が高額の株式を一切後継者へ渡していない状態であれば、緊急の外科手術を受けなければならない状態となります。会計事務所は、基本的に毎月、お客様に出向き、経営状態を確認しています。財産権の要である株式の保有割合を確認し、後継者がいれば、事業承継対策を早めに打つことができます。その際、暦年贈与がもっとも賢明な対策となります。時間を味方につける贈与を活用していきたいものです。このような漢方療法は時間が必要です。
事業承継対策の適齢期は60〜65歳です。毎年、株価の計算をして、例えば、10%の税率を活用する310万円の贈与(贈与税は、110万円の基礎控除で20万円の贈与税となります)はいかがでしょうか。
参考に、後継者の適齢期は35〜45歳です。

おわりに
メインバンク×首都圏の会計事務所の提案書をよく吟味すると、決して悪い内容ではなく、むしろタイムリーな良い提案です。ただ、ヘリコプター代は高額であり、時間不足には代償を伴うことが明白です。「タイム イズ マネー」とは良くいったものです。いやむしろ、「タイミング イズ マネー」でしょうか。
せっかく高い時価を築き上げた会社をそんなにコストをかけず事業承継をさせるには、早めの事業承継対策が必要なのです。
なお、お客様は、金融機関の提案と比較し、後出しではあるものの、我々会計事務所の提案を受けて頂きました。
皆様の事業の益々のご発展をご祈念申し上げ、ご挨拶と代えさせて頂きます。
posted by 金沢会計人 at 07:13| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

2015年 金剣宮参拝

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
1月5日(月)、創業の地である白山市の金剣宮で参拝いたしました。
8時からの参拝で清々しい気持ちとなりました。
今年も皆で二拝二拍手一礼をし、心ひとつにしていこうと決意しました。

!cid_908C28B1-2164-49EF-96C8-4ADCD6C86BCA.jpg

末筆ながら、皆様がいつまでもお元気でありますように、心から祈念しております。
posted by 金沢会計人 at 08:15| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

2015年 新春のご挨拶(1)

はじめに〜新幹線が春をつれてやってくる
新年明けましておめでとうございます。
北陸新幹線の開業が春の到来と同じ時期であり、例年よりも「春よ、早く来い」と強く思っております。
先日、お客様から、メインバンクである地銀が事業承継の提案をしてきたと電話で教えて頂きました。
創業以来顧問をしている会計事務所にとっては痛恨の極みです。
急いで、アポをとりお客様の元へ駆け付けると、眼前に首都圏の会計事務所とタッグを組んだ事業承継の提案書がありました。
綺麗なパワーポイントの資料を見て、事業承継について考えてみました。

事業承継を山登りに例えると
山登りに例えると、事業承継とは、下山する先達者と登山する未熟な後継者の調和と言えます。
二人とも頂点を目指し登山する場合、承継は滞るような気がします。
社長は、一旦、上った山を必ず下りなければなりません。
ずっと山頂にいる時、自力で山を下りられなくなる場合もあります。
その時は、誰かの助けを呼ばなければなりません。
例えば、ヘリコプターを山頂に呼ぶなど、かなりドラスティックでかつ限定的な手段しか残されていません。
メインバンク×首都圏の会計事務所の提案書は、まさにこのヘリコプターのような緊急手段のやり方でした。
具体的には、ホールディングカンパニーを用いた手法です。
できれば、自力で下山したいですよね。
(続)

IMG_0822.JPG

posted by 金沢会計人 at 10:12| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

2014年 年末ご挨拶

2014年も大変、お世話になり御礼申し上げます。

IMG_0783.JPG

皆様、良いお年をお迎えください。

IMG_0787.JPG

2015年も心穏やかな年になりますようご祈念申し上げます。

IMG_0784.JPG
「瑞氣集門(ずいきしゅうもん)」
(めでたいことが起る兆しの氣が、すでにあなたの玄関先に集まっている)

IMG_0788.JPG
(大掃除でオフィスもスッキリ!)
posted by 金沢会計人 at 21:31| 石川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

辞令交付

当事務所の最大の資産はなんだろうか?

人です!

各スタッフへ辞令を交付させていただいた。

IMG_7990.JPG

この後、忘年会で、二次会はカラオケ。
最後の歌は、「栄光の架け橋」。
全員で肩を組んで歌い、終了!
posted by 金沢会計人 at 20:11| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

老・壮・青のバランス

先日、北國総研ビジネス情報懇話会で、元日経トレンディ編集長北村森氏の話を聴く。

FullSizeRender.jpg
(講師席にて、講師と一緒に昼食を頂く。石川県は十分ブランドがあり、ユルキャラなど必要ないなど談笑する。)

北村氏の話の中で、高松丸亀町商店街の再生成功のエピソードが抜群に面白かった。

再生する時に土地を全員から召し上げた。いわゆるテナントミックスを実施した。土地は定期借地を活用して適材適所の店を設計し、自分の土地の上にどんな店が建つのか、最初は分からない。
 
丸亀町商店街のケースで学べることはシステムではなく、どうやって進めていったのか。「1度決めたことを後から文句を言わない。その1点だ」と言う。文句を言う人は、常務会から外れてもらった。ただ、その人は地権者であり商業者でもあるので、土地を差し出さないと言い出しかねない。それを説得しに行くのが、長老。

長老は、出しゃばらず、次世代の人たちをバックアップする。壮年はとにかくよく働く。青年は年長者を敬う。世代間の役割がしっかりしていて、老・壮・青のバランスが良い。
 
商店街の奇跡の再生には、こういうプロセスが大事であることを学ぶ。

IMG_0734.JPG
(2014年12月12日付け 北國新聞朝刊記事)
posted by 金沢会計人 at 09:17| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

「質問掲示板に応える」完成

今年のイベントの一つ、MMPGの税制会計研究会の企画が完了しました。
MMPGとは、医療福祉介護特化会計事務所の集団です。

そして、M-LASという会員で共有する動画も完成しました。

IMG_0711.JPG

「医療機器の特別償却、税額控除」の説明で痛恨のミスを喫す。

過酸化水素低温プラズマ滅菌装置(1580万円)が特別償却の対象となるか否かの説明の際、減菌を「げんきん」と説明したのだった。「めっきん」と言うところをなんとも情けない。再度、説明したときは、「めっきん」と言っていたらしいが。。。

IMG_0725.JPG

答えは、いずれの制度の特別償却も使えない。
減価償却資産として、耐用年数4年で減価償却します。

IMG_0726.JPG

講師を務めた後、読み間違いを仲間から聞かされたのだった。。。
次回からは、更なる注意をしようと誓ったのでした。
2015年は、原点回帰して、税務調査事例を研究する予定です。

IMG_0715.JPG

「質問掲示板に応える」
A.開業期
・基金拠出型医療法人の設立時の建物拠出に関する処理方法
・小規模多機能とサービス付き高齢者向け住宅の併設と耐用年数
・基金拠出型法人の法人税申告

B.成長・安定期
・医療機器の特別償却、税額控除
・奨学金、修学金の債務免除の取り扱い
・中小企業等投資促進税制
・医療法人の太陽光発電に係る税制
・社会福祉法人の収益事業会計と雇用促進税制

C.承継期
・医療法人の解散と退職金計上時期
・出資持分放棄に伴う個人出資者の課税
・歯科医師の死亡共済金等の相続税法上の取り扱いについて

D.消費税問題
・歯科自費収入の消費税経過措置
・介護付き有料老人ホームの転貸に係る消費税
・地域密着型サービスの利用料の消費税
・グループホームの耐用年数と消費税の取り扱い
・医療法人で行う有料老人ホームの消費税
posted by 金沢会計人 at 10:20| 石川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

第33回定時株主総会

「木村経営ブレーン」グループの第33回定時株主総会が開催されました。
この規模で株主総会を開催している会社は少ないとは思いますが、お客様の模範会社でありたいという思いで毎年、開催しております。
決算内容、剰余金処分、取締役選任等、株主の方々より承認をいただきました。

IMG_7899.JPG
(3F会議室に株主が集う)

12月決算から9月決算へと変更した関係上、師走を前に総会が終了しました。
また、昇格昇給もほぼ決定しており、繁忙期を迎える前に重要な社内イベントが完了するのは気分がいいです。
決算月を変更して良かった。

posted by 金沢会計人 at 09:15| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

MMPG税制会計研究会企画 「質問掲示板に答える」

来週、医療福祉介護特化会計事務所の集団であるMMPGの税制会計研究会の企画があります。

「質問掲示板に応える」

われわれ研究員は、全国の会員から、日々の質問に答えています。

疑義のある質問を選りすぐり、開業期、安定期、承継期に分けて、研修会を行います。

141127_【案内】税制研修会.pdf

研修会講師は6年目ですが、いつも緊張します。現在、菊地会長や林室長や和栗研究員など同志のアドバイスを受け、レジェメの最終チェック中です。

情熱型タイプは、冷静に話す方が良いとのアドバイスを受け、当日は落ち着いてゆっくり話そうと思います。
posted by 金沢会計人 at 10:51| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

保険提案を考える

先日、保険提案を真っ向から考える機会を頂いた。

IMG_0681.JPG
(第43回 企業防衛制度推進委員会 研修小委員会)

理想の標準保障額とは何だろうか。
生命保険の商品が死亡リスクにだけ対応する時代は、経営者への説明が楽であった。
商品の種類が少ないと覚えることが楽だからだ。
今や、生存リスクに対応する商品がある。
こうして、適切なアレンジ組成に我々の頭脳(ブレーン)が必要となったのである。

死亡リスクと生存リスクもすべて充足するような夢の標準保障額は、天国の保障と引き換えに地獄のような保険料を負担しなければならない。
保険種類が多様化した中、死亡も生存もすべてのリスクに対応すると、多額の保険料がかかり現実的ではない。
可能原資という視点で理想と現実の間を我々ブレーンが提案していくのである。

会社が毎月、いくら保険料を払えるのか。この問いから必ず出発しなければならない。
有限な経営資源であるお金を有効活用するため、保証の黄金比を考える必要がある。死亡と生存の最適なポートフォリオを業種、業態、経営資源の状態を勘案し、アレンジしていく。現実的な保険料でシュミレーションしていく。
posted by 金沢会計人 at 20:36| 石川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。